JAIC(ジェイック)の就職先=新人研修なし・即仕事の職場が多い理由

JAIC(ジェイック)の就職先=新人研修なし・即仕事の職場が多い理由

更新日:

The following two tabs change content below.
ジェイックから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を利用して再就職に成功した会社員ブロガーです。自分の経験談を交えつつ、フリーター就活に関する情報を発信しています。

正社員への就職を考えている20代フリーターの方であれば、集団面接によって一度に数十社と面接をする事の出来るJAIC(ジェイック)の利用を検討している方もいるかと思います。

ビジネスマナー・就活のノウハウを教わる10日間の就職カレッジに参加をする事で、即複数社と面接が出来るため、「すぐさま正社員になれる点」、「就業後に必要な所作・礼儀作法が学べる点」この2点に関して、魅力的に感じている方も多いはずです。

ただ、実際にジェイック経由での就職を経験してみると分かりますが、ジェイックの就職先=新人研修なし、もしくは簡易的な研修(※業務の流れを一通り説明するだけ)があるだけで、即仕事をさせられる企業となるので、はじめて正社員として働く方であれば、キツイと感じると言えます。

スポンサードサーチ

ジェイック=新人研修なしの企業が多い理由

ジェイックに研修を丸投げしている

ジェイックの面接会に来る企業のほとんどが、社員数30名未満の小さな会社となります。そのため、各々が仕事で忙しく、新人研修に当たる人手が足りていないために、即仕事を任せざる負えないという状況なのです。

ただ、ジェイックに研修を丸投げされた所で、ジェイックで教える事は、あくまで”正社員”としての礼儀作法・所作を教えるだけであり、”その会社”の正社員として必要な事は教わりません。

当然ながら、電話での営業がメインの職場であれば、電話で話す内容や話の落とし方について学ぶ必要がありますし、システム会社であれば、IT用語を学ばなければなりません。ですので、会社内での新人研修がなしという場合、全く知識のない状態で、仕事をしなければならなくなる(※自分で必要な知識を学ばなくてはならない)ため、最初の内は非常に辛いと言えます。

 

研修プログラムが確立されていない

社員数が少ない企業がメインの就職先であるとともに、ジェイックからの就職先の多くが、「若手人材から全く相手にされていない企業」となります。私自身、ジェイック経由で就職したシステム会社に、20代の人材は私しかいませんでした。

要するに、これまでに若手人材の入社が少ないために、社員自身も、何を若手に教えて良いか分かっておらず、研修プログラム自体が確立されていない企業が多いのです。

私がジェイック経由で入社した企業も、前述したような状況であったため、きちんとした研修プログラムが用意されていなかった事に加えて、部署の先輩が一人しかいないという有様でした。結局のところ、仕事をしながら少しづつ仕事を覚えていったので、正直キツかったです。

というのも、入社して間もないころから、客のトラブル対応(※IT企業のシステムサポート職に入社をしたので)を任されていたのですが、電話を掛けてくるお客さんは、こちらの事を”プロ”として相談・トラブル対応の話をして来ますので、入社したばかりの新人だという言い訳は通用しなかったためです。

結局、入社して間もないころは、度々対応を間違えて客先からも先輩上司からも叱られるという日々を過ごしていました。そのうえ、会社自体の労働環境がひどかったので、長く働く事が出来ませんでした。

ジェイック経由で就職した会社の実情はこちらに書いています↓

【体験談】JAIC(ジェイック)営業カレッジ(※就職カレッジ)を経てブラック企業に入社した話。

 

スポンサードサーチ

まとめ

ジェイックに研修を丸投げしている

研修プログラムが確立されていない

 

上記の理由から、ジェイックの就職先=新人研修なし、あるいは新人研修の時間が設けられたとしても、簡易的な研修⇒即仕事を任される企業がほとんどなのです。

ただ、何事もそうですが、基礎の上に応用が成り立つため、新人研修の段階で、仕事の進め方、仕事の対応方法等を学べないとなると、その先の仕事が非常にキツイものとなります。

私のように、自己流で仕事の進め方を覚えたために、本来の進め方とは違うという理由で怒られたり、そもそも覚え方が間違っており、会社に損失を出す事にもなりかねません。そのため、新人研修を蔑ろにしない企業に就職をするべきなのです。

ましてや、正社員になるのが初めてという方であれば、尚更そうだと言えます。ですので、長期的に働けるような企業に就職をするためにも、ジェイックの利用は避けるべきだと個人的には思います。

ただ、就職支援を利用しての就活はするに越した事はない(※各種就活サポートを受ける事が出来るため)と思いますので、下記記事に、就職支援を使わない場合のデメリットと利用する価値のある就職支援をまとめていますので、参考にしてみて下さい。

【フリーター就活】就職エージェントを使わない=デメリットばかり?相談しないとどうなるの?

記事下




記事下




-JAIC(ジェイック)の就職先=新人研修なし・即仕事の職場が多い理由
-

Copyright© フリーター就活情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.