水商売(ホスト・キャバクラ)から昼職への転職が不利にならない就活法

水商売(ホスト・キャバクラ)から昼職への転職が不利にならない就活法

更新日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

「年齢的にそろそろ昼職への転職を考えている」、「結婚する予定が出来たのでまっとうな仕事に就きたい」といったように、水商売(ホスト・キャバクラ)から昼職への転職を検討している方もいるのではないでしょうか。

とはいえ気になるのが、「水商売からの転職の場合、経歴が不利になるのか」という点だと思います。

「水商売をしていた事を理由に書類選考で落とされるのでは」、「きっとホスト(キャバクラ)をしていた事を話したら良く思われない」といったように、様々な不安を感じているはずです。

ただ、結論から言いますと、「水商売(ホスト・キャバクラ)経験=プラスになる事はない」です。

そのため、個人で就活をした場合、経歴を見て差別される事もあり得ますし、経歴を理由に理不尽に内定を見送られる事もあり得ます。

つまり、多少の不利は覚悟しなければなりません。

しかしながら、これはあくまで個人で就活をした場合の話です。

というのも、就職支援を通じて就活をする事で、水商売(ホスト・キャバクラ)から昼職への転職であっても、1ヶ月で内定が取れます。

今記事では、

◆就職支援=水商売からの転職に効果的な理由

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

就職支援=水商売からの転職に効果的な理由

経歴の説明・自己PRをレクチャーして貰える

ご存知の方もいるかも知れませんが、就職支援=履歴書の書き方、志望動機・自己PRの作成、面接対策、求人紹介など、就活の全ての面でサポートを受けられます。

そのうえ、サポートをしてくれる方=何名もの既卒者の就活をアシストしてきたいわば”就活のプロ”であるアドバイザーです。

要するに、内定獲得に特化した就活を実践する事が出来るのです。

そして、水商売から昼職への転職の場合、大きな障害となるのが「経歴」です。

残念ながら、いまだに水商売へのイメージは良くありません。

優良企業と言われるところであれば、尚更過去の経歴に関してうるさいです。

過去にホステスのバイトをしていた女子アナウンサーの方が、「アナウンサーに求められる清廉性に相応しくない」という理由で内定取り消しの憂き目に合った事からも、水商売に対する一般企業の風当たりの強さが垣間見えるかと思います。

ただ、就職支援に相談をする事で、”悪い”とされる水商売経験の最適な説明方法をレクチャーして貰えます。

確かに、先ほども書いた通り、水商売と聞くとイメージは悪いです。

ただ、そこで学んだ事を説明する事で、「能力のある人材」と思わせる事が可能です。

例えば、ホストやキャバクラ=競争社会を勝ち抜く力が必要です。

そのうえ、コミュニケーション能力も自然と培われます。

それらの力は一般企業でも必須の力です。

そのため、経歴の説明だけで終わるのではなく、そこからスムーズに自己PR(学んだ事)への説明に移行する事で、企業側の印象が良くなるのです。

それを就職支援のアドバイザーは熟知しています。

そして、就職支援に相談をする事で、企業側の悪いイメージを払拭するような、経歴および自己PRの説明をレクチャーして貰えるのです。

未経験からの就職に強い

水商売から昼職への転職となると、ほとんどの場合、未経験からの転職となります。

ただ、既卒枠で募集をしている企業=即戦力を採用するのが目的です。

そのため、業界未経験となると、「この人を取ったところでプラスにならない…」と感じてしまいます。

しかしながら、就職支援=未経験からの就職に滅法強いです。

既卒者向けの就職支援をいくつか見て貰えれば分かりますが、どの就職支援も未経験者の募集OKの求人を1,000社以上抱えている事からもそれは分かるかと思います。

そして、就職支援に求人を出している企業=20代の若手人材を求めています。

なおかつ、経歴に関して寛容な企業となります。

というのも、既卒者向けの就職支援=20代のみが利用出来る・経歴に傷がある方のみが利用しているという事を理解したうえで、求人を出しているためです。

つまり、未経験からの募集であっても、前向きに採用を検討してくれるのです。

むしろ、企業側=応募者をフリーターやニートといった方を想定している分、水商売で培ったコミュニケーション能力を発揮する事で、「本当に社会人経験がないの?」、「こんな良い人材が来てくれるとは思わなかった」と高評価を得る事も可能です。

実際にホストから1ヶ月で就職をした友人の話

私自身、就職支援を通じて就職を果たした身です。

そして、就活の際に、一緒にサポートを受けていた友人=ホストから昼職への就職を志していました。

彼は、「子供が出来て結婚をするから、結婚を期にまっとうな仕事に就きたい」という理由で就職のサポートを受け始め、結果として1ヶ月で内定を獲得していました。

・書類選考の通過率を上げるために履歴書には「接客業」と記載

・面接にて、夜職で学んだ事、学んだ事が就業後どう活かせるのかを説明

・これまでの経験が重宝される営業職にアプローチ

 

これは、就職支援からアドバイスを受けて、彼が実践していた事です。

上記のように、夜職から昼職への転職を検討している方であっても、最適なアドバイスをして貰う事が可能なのです。

なおかつ、私とその友人が利用していた「エージェントNeo」は、希望に応じた求人紹介とブラック企業を紹介しない事を徹底しています。

そのため、的確なアドバイスが受けられる&優良企業が狙える一石二鳥な就職支援となっています。

下記公式サイトにて、サポートの詳細、利用者の体験談などを見る事が出来ます。

実際に目を通してみて、就活に利用するかを判断してみるのが良いかと思います。

◆エージェントNeoの公式サイト↓

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

スポンサードサーチ

■まとめ

ハローワークや求人サイトを利用した就活方法の場合、経歴によって書類選考で落とされたり、企業側が納得するような経歴の説明・自己PRが出来ないといったように、就活でつまづく可能性が極めて高いです。

もしくは、入社した企業=ブラック企業で早期離職する羽目になる恐れがあります。

そのため、既卒枠での応募となる今回の就活=迷わず就職支援に相談をすべきなのです。

上述の通り、就活のあらゆる面をサポートしてくれますし、経歴が足を引っ張る事もありません。

面接で質問される事への模範解答もレクチャーして貰えます。

そして、エージェントNeo=既卒向けの就職支援の中でも、面接対策満足度、就職転職満足度、就職転職相談のしやすさでNo1の評価を受けています。

就職の実績がある=企業側もそこからの紹介人材は”優良人材”であると考えるので、内定が取りやすいのです。

「夜職の経験が不利になるのでは」、「すぐにでも昼職に転職したい」という方は、相談してみる価値があるかと思います。

たとえ、無料相談を受けたからといって、しつこい勧誘をされる事もなければ、電話やメールがひっきりなしに来る事もありません。ですので、昼職への転職の第一歩に最適と言えます。

◆無料相談について↓

【公式】第二新卒エージェントneo

記事下




記事下




-水商売(ホスト・キャバクラ)から昼職への転職が不利にならない就活法
-, , , , , , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.