【チェックすべき点】退職代行業者=怪しい詐欺業者かそうでないかを見分けるポイント3選

【チェックすべき点】退職代行業者=怪しい詐欺業者かそうでないかを見分けるポイント3選

投稿日:

The following two tabs change content below.
JAICから超ブラック企業に就職⇒1年半で退職後、別の就職支援を介して再就職に成功した会社員ブロガー。経験を踏まえてフリーターの就活情報を発信しています。

”仕事を辞めたい”、”もう限界だ”と感じている方の中には、「退職代行業者への相談」を考えている方もいるのではないでしょうか。

退職代行業者に相談をする事で、次の日から会社に行かなくてもOKです。

そのうえ、退職に関わる手続きを全て代理で行ってくれるので、会社の人と一切顔を合わせず・会話もせずに辞める事が出来ます。

そのため、”仕事は辞めたいけど、退職すると言い出しにくい…”という方にはうってつけなサービスと言えます。

とはいえ、「退職代行業者=詐欺とかありそうで怖い」、「怪しい業者も多そう」といったように、不安を感じている方もいるかと思います。

仮に、詐欺業者に退職手続きを依頼してしまった場合、法外な料金を請求される事となってしまいます。

また、先払いで代金を支払った翌日から、音信不通…なんて事もありえます。そんな事態は絶対に避けたいはずです。

ただ、退職代行業者の場合、怪しい詐欺業者かそうでないかを見分けるのは意外と簡単です。

”ここを見れば良い”というポイントが3つあり、そこさえ確認しておけば、騙される事はありません。

そこで今記事では、

◆怪しい業者かそうでないかの見分け方

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

怪しい業者かそうでないかの見分け方

運営会社が労働組合かどうか

法律上、退職に関する手続きを代理で進める事が許されているのは、労働組合もしくは弁護士だけです。

つまり、運営会社の欄に株式会社〇〇と記載がある場合、注意が必要です。

弁護士法に抵触する可能性があるので、犯罪・トラブルなどに巻き込まれるかも知れません。

また、”あなたたちに退職の交渉をする権利はない”と会社側に痛いところを突かれる事だってありえます。

そう言われてしまえば、為す術はありません。あなたの退職したいという希望は叶わなくなります。

このように、運営会社が株式会社のところは法律違反であり、退職手続きが失敗に終わる可能性も高いのです。

退職手続きが失敗に終わった場合、待ち受けているのは地獄です。翌日から同じように出社しなければなりませんし、出社して早々”なぜそんな事をした”と叱責を受けるのは確実です。

今以上に、会社に居づらくなるのは避けられません。

そのため、退職代行業者に相談をする場合は、まずは労働組合が運営しているかどうかは、マストでチェックすべきです。

別途料金/追加料金の有無

例えば、公式サイトに料金がきちんと明記されており、”追加料金は発生致しません”といった文言がある場合は、健全です。

その費用以上を支払う事はないので、安心して利用出来ます。

ただ、そうした料金に関するアナウンスがない場合は、想像以上にお金を請求される恐れがあります。

”相談する事に〇〇円”、”退職までの期間によって料金が変動する”といったように、別途料金が発生する可能性が高いからです。

そして、そうした別途料金に関しては、相談して”から”説明される事がほとんどです。

もしも、”説明を受けていない!”と突っぱねるようであれば、ヤクザ/半グレが出てくる可能性もあります。

というのも、そうした詐欺じみた行為を行うところ=表立っては会社と言っているものの、実情は会社登記もされていない半グレの詐欺グループであったり、ヤクザがけつ持ちをしている集団だからです。

そのため、料金に関する記述がきちんと明記されている退職代行サービスを利用するのが吉です。

実績があるか

実績があるかどうかは、相談する前にチェックすべきポイントです。

・メディアに取り上げられた事があるか

・利用者の体験談は豊富か

・これまでに何件の退職代行を請け負ってきたか

 

当然ながら、こうした実績がないところは怪しいです。

詐欺被害に合ったり、退職手続きがうまくいかなかったりする恐れがあります。

どんなサービスにも言える事ですが、初めて利用する物に関しては、まずは口コミ評判を見ておくべきです。

口コミ=実際に利用した方の体験談ですので、公式サイトだけでは知り得ない情報が得られます。

その業者が優良なのかそうでないかも分かるので、口コミ評判=大切な情報源なのです。

スポンサードサーチ

■まとめ

優良な退職代行業者と怪しい退職代行業者の見分け方について書いていきました。

上記3つの点は、チェックすべきポイントと言えます。

何より、確実に退職したいというのであれば、労働組合が運営をしている退職代行業者に相談をすべきです。

労働組合が運営しているところであれば、”合法的”な退職手続きとなるので、会社とトラブルになる心配はありません。退職手続きが失敗する事もありません。

ですので、費用が割高になっても、労働組合運営の業者に相談をすべきです。

例えば、「【退職代行ガーディアン】」は、東京都労働委員会から認可を受けた労働組合が運営をしている業者です。

そのうえ、朝日新聞や財経新聞をはじめとした各種メディアへの掲載実績もあります。

公式サイトにも書かれていますが、「これまでの相談者で退職できなかった人は1人もいない」との事ですので、退職を考えている方であれば、相談してみる価値があると言えます。

また、料金を支払う前にLINEで無料相談が出来る点も、健全な業者と言える証拠です。

「退職手続きが長引いても費用が増えたりしないのか」、「どういった流れで手続きが進んでいくのか」などなど、気になる点を無料で直接質問する事が可能なので、百聞は一見にしかず、退職代行業者の利用が気になっている方であれば、直接質問してみるのが良いかと思います。

下記公式サイトにて、LINE追加、利用者の体験談を確認出来ます。

◆退職代行ガーディアンの公式サイトはこちら↓
低費用で確実な退職代行【退職代行ガーディアン】

記事下




記事下




-【チェックすべき点】退職代行業者=怪しい詐欺業者かそうでないかを見分けるポイント3選
-, , , ,

Copyright© フリーター就活情報局 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.